埼玉県内で起業・開業・会社設立する方、創業間もない社長さんを支援するサイト。

有価証券とは?

有価証券とは、株式・公社債・出資金などをいいます。商売上のお付き合いでその会社の株式を所有することを求められたり、余裕資金があるときに運用益を得ることを目的として上場株式を購入したり、また、金融機関との取引の際に購入を求められたり、いろいろな理由で、有価証券を持つことがあります。

会社で有価証券を購入したとき、売却したとき

  1. 購入したとき
    有価証券を購入したときは、購入の契約をした日(約定日)に、有価証券の購入代金とその有価証券の購入に要した費用、例えば証券会社に支払った購入手数料も含めて、有価証券の取得価額として帳簿に記載します。
  2. 売却したとき
    有価証券を売却した場合に、売却時の価額が購入時の価額(取得価額)を上回っていれば売却益を、下回っていれば売却損を計上することになります。
    取得価額の計算は、保有していた有価証券の銘柄ごとに、取得価額を管理して、売却の際の原価とします。複数回にわたって、異なった単価で購入した場合は、有価証券の一単位あたりの帳簿価額を取引の都度計算して算出する方法(移動平均法)と事業年度中の取引を平均して算出する方法(総平均法)があります。

会社で有価証券を保有しているとき

有価証券を会社が保有する目的は様々であるので、事業年度末に保有していた場合は、その保有の目的によって以下のように区分することになります。

  1. 売買目的有価証券
    上場株式など購入当初から短期的な所有でその売買によって利益を得ることを目的としているものです。
  2. 満期保有目的の債券
    社債など途中で売ることを目的とせず、満期まで保有することを目的とするものです。
  3. 子会社関連会社株式
    子会社や関連会社の株式は、当初から売却は予定されず、企業支配目的のため保有されるものです。
  4. その他有価証券
    上記の1 ~ 3のどれにも当てはまらないものです。

期末の評価は、原則として①の売買目的有価証券は、時価(期末の証券取引所の終値)で評価しますが、その他のものは、購入したときの(取得価額)で評価します。
有価証券を保有している際に注意すべきこととして、配当金の受取があります。口座入金の手続をしてあるものを除き、配当金の支払通知書が郵送で届きますので忘れないように手続を取って配当金を受領し、記帳するようにしましょう。

これから起業する方へ 開業相談、設立、税務会計トータルパック
トップページ 埼玉県内各地 税金・申告・会計 無料相談受付中